2018/10/03

【2018Sanpopo日記】ファンティエト(ジャル)


Sanpopoもいよいよ終盤。ニャチャンとホーチミンからメンバーそれぞれ移動し、ファンティエトにて合流。青い空、青い海。贅沢な部屋。リゾート気分をマックスで楽しみます。



宿の前の浜辺は、もはや貸切状態。誰にも邪魔されることなく、思いっきり海を楽しみました。他のビーチに比べて波が近く、高い。サーフィンがしたくなります。一度もしたことはありませんが。

         

ファンティエトの宿の周りは、特に屋台などもなく、まるで陸の孤島。タクシーに約10万ドン分乗って、おなじみのスーパーへ。鶏が頭つきで売られていました。6万ドンの命。いただきます。

         

豪華な夜ご飯。どんな旅のご飯にも引けを取らないほど、フォトジェニックでしょう。ビールと共に鶏肉とパンを流し込む。久々のサラダを口へ運ぶ手もとまらない。元気が出ました。


ファンティエトの観光名所?だと思っていたレッドサンドデューン。タクシーの運転手に説明してもいまいち理解してもらえず。どうやらこんな場所に行きたいと言ってくる外国人観光客なんて滅多にいない模様。きっとクレイジーな日本人が来た。なんて思われていたでしょう。


          

そうしてたどり着いた砂漠。青い空とのコントラストには思わず圧倒されます。まだ足跡のついていない領域を、自分の足で切り開く。そんな楽しみ方をして、壮大な景色、自然を味わいました。

            

ファンティエトのスーパーからホーチミンへ向かうバス乗り場まで、タクシー移動の予定が、そのための現金がない。両替しようと思っても、日本円は扱っていない。そんなトラブルにも見舞われました。運よく、スーパーにて日本人の方に遭遇。観光で訪れると告げたところ、とても驚かれました。親切に対応していただき、タクシー代を両替していただきました。九死に一生を得る。とまではいかないものの、とても助かりました。偶然の出会いに感謝しながら、ファンティエトを後にしました。

レトロホンダ。30年以上前のモデルが、今でも現役。
            

日の出、綺麗
          






2018/09/29

【2018Sanpopo日記】ホーチミン(ゆき)

ホーチミン(ゆき) 9/22〜24
"女子旅&一人旅 in ホーチミン"の3日間を綴ってみます♪

1日目!
ゆいと合流し、ベンタイン市場へ!saopopoメンバーで最もショッピング大好きな2人が揃ってしまったら何時間あっても足りません💦2人の好みもそっくりなもんだから、楽しくて仕方ありません!広い市場をぐるぐる物色し、前買ったものが安く売られててがっかりしたり、可愛いものを見つけて買うか真剣に悩んだり。ホーチミンでは買わない!と決めてた私も結局一目惚れのプラカゴ購入^ ^
お昼は、ベンタイン市場近くの雰囲気のあるフードコートで大好きなバインセオ!お腹がペコペコだったので、顔くらいの大きさのバインセオもペロリ😊


午後は、ドンコイ通りへ!観光スポットのサイゴン大聖堂や郵便局へ行き、オシャレなカフェでおやつ🍹そして、ドンコイ通りの土産店を周り、最後はコスメを選びに選んでそれぞれ購入!
夜ごはんは、ベトナム料理のビュッフェ!苦しくなるまでベトナム料理を堪能しました。さすがベトナム!制限時間はありません!


最後に人民委員会庁舎のライトアップで記念撮影!
ここでゆいとはお別れ(泣)丸一日楽しい女子旅でした!


2日目!
一人旅初日。この日はのんびり過ごしました。
朝はパン屋さんで朝ごはん。日曜日なこともあり、家族連れのベトナム人が多くいました。

市場の洋服売り場が集合したようなところで、ぶらぶら。可愛いワンピースに出会ってしまいました笑
午後は、SPA!なんと2000円で90分のホットマッサージを受けられちゃいます!気持ちよかった〜^ ^


3日目!
この日はメコン川クルーズツアーに参加しました!一緒に参加した新婚さんやおじ様たちに仲良くしてもらいました^ ^
メコンデルタでココナッツキャンディーが作られるところを見たり、フルーツを食べたり。ガイドさんに連れられて写真を撮りますと言われた先にはなんとヘビ!初めてヘビを体に巻きました!良い記念写真に^ ^メインはノンラーを被ってのメコン川クルーズ!まさにジャングルクルーズ!最後は、ウロコごと揚げられた大きな魚の料理をみんなで堪能し終了。


一人でツアーに参加しましたが、一緒になった人とおしゃべりしながら刺激的な体験をする経験はとっても楽しかったです!

明日からはメンバー2人と合流する予定!つい最近まで一緒にいたのに、こんなにメンバーが恋しくなるとは笑

【2018Sanpopo日記】ニャチャン(かまちゃん)

Sanpopo ニャチャン編

Saopopoの活動は終わり、sanpopo (サンポポ)の始まりです。
Sanpopoメンバー一行は、ダナンから寝台バスでニャチャンへ。 およそ11時間。
ニャチャンは、ビーチリゾートとして有名です。街中の看板には中国語、ハングル、ロシア語が書いてあります。 どうやら少し前はロシア人の観光客が多く訪れてたそうですが、今は中国人の観光客が主流です。

私たちはニャチャンの3つの島を巡る1日現地ツアーに参加しました。

まずは、人生初のスキューバダイビング。引率のお兄さんに教えてもらいながら、海の中へ。 (写真撮るのは別料金でしたのでイメージお願いします笑)


潜ると、水色の透き通った海、お魚が目の前で泳いでて、手で掴めそうな距離。
最高でした!

そしてツアー一行は島へ。
ここも白い砂浜、青い海。 泳ぐ、ビーチサイドで寝転ぶ、の繰り返しです。



またツアーには、船の上のミニライブも、ツアーに参加してる人の出身国の歌を歌ってくれます。そして船から飛びおりるダイビングも笑


一日中泳ぎっぱなしの楽しいツアーになりました!

そして別日には、バイクを借りてツーリングへ。街中を走るのは、やはり少々排気ガスやホコリが酷いですが、海沿いは本当に最高でした!
適当に走り抜けて、丘の上へ。まるで車のcmに出てきそうなくらいに広々した道路に青い空。
牛の親子も道を堂々と歩いてます。



休憩場所のカフェ。美味しいコーヒーで一休み☕️


ニャチャン、空と海🏖これだけを最大限に楽しめる街だと思います。

2018/09/26

【2018夏渡航日記】12日目(かまちゃん)

20、渡航最終日

この日は、たんぽぽ保育園で子どものためのお祭り、ムーランを祝う秋祭りでした!
Saopopoも竹ダンスやゴム跳び、相撲をやりました!
秋祭りの他には、ミニクレープやココナッツのお菓子、かき氷、小麦粉で作った飾り、などなど
学園祭のような雰囲気でした(*´ω`*)

Saopopoの相撲は、少しちびっ子には、おにーさんを怖がってた⁇  ですが、初めて見る相撲に興味を持っていました!


そしてこの日は渡航最終日、 渡航の振り返りの反省会をし、夜はフゥンさんが用意してくれた、脂ののった超トロトロのサーモンのお刺身やカツオのお刺身の盛り合わせで「モッ ハイ バー ヨー!🍻」(ベトナムの乾杯の挨拶)  とれたて新鮮なお魚、めちゃくちゃ美味しかったです!ありがとうございました(*´ω`*)


渡航最終日ということで、最後に一言締めたいと思います。

ボランティアは成果や答えを求めてするものではないと思います。
もし、成果や答えがあったら、絶対自己満足になるし、終わりになってしまう。
Saopopoはまだ若い団体だからこそ、メンバーの中で話し合うことをやめずに、また現地の方の意見を大切にし、これからの方向性を考えていくことが大事なんじゃないでしょうか。
私たちの意見が強すぎてもダメだし、現地の方の意見を丸呑みにしてもダメだし、、
お互いの意見を尊重し、相手の意見を受け入れてからまた自分たちの中で噛み砕いて考えていく。 
私はこのSaopopoを通して、このようなことを学んだと思います。

私はリーダーとしての役目は終わりですが、この先もSaopopoがずっと続いていくよう、影ながら応援したいと思います。


以上こんなことを、日本から持ってきた梅の飴を、寝台バスで待っていた隣のおじさんと共有しながら考えてました。


旅はまだまだ続く!

2018/09/21

【2018夏渡航日記】11日目(ジャル)

渡航11日目、朝5時くらい。早起きに成功したメンバーたちは、ダナンのビーチの日の出を見に行きました。空を少し雲が覆いかぶさり、期待していたほどの景色ではなかった。そんな印象も生まれた様です。


海と空の自然の美しさを身近に感じさせてくれるダナン。近年はリゾート地としても注目されてます。日本でも数々のツアーパックが組まれ、ツーリズム産業界でも一つのトレンドとして扱われています。観光客相手のビジネスは、ダナンに対して、大きな経済効果を生み出しています。


世界中のあらゆる地域のあらゆるものが評価され、世界中のあらゆる地域の人がそれらを堪能すること。これは誰にとっても妨げようとするインセンティブを抱かせない、世界という社会で受け入れられるものでしょう。しかしもし、特定の地域で脈々と紡がれてきた文化や自然の美しさ、尊さが商業的、さらにコンクリートに言えば、金銭的欲望のために消費されるとすれば。さらに言えば、その様な消費によって元からあったものが恣意的に損なわれる、脚色される、演出されるとすれば。嫌悪感とまでは言わずとも好意的な感情を抱かない人(自分含む)が出現するのは、至極当然のことではないでしょうか。

下の写真と比べて
          
自らの労働を、“海外女子旅”や“フォトジェニックなインスタ映えスポット”などのワード、概念を利用して金銭的報酬に昇華している身として、この様な意見を述べるのは身の程知らずではないか。などと自省することもあります。だがしかし、そんな立場にいてしまうから、そんな立場にいるからこそ感じる違和感が、少なからずともこの場で表現してしまうほどには、自分の中でモヤっと存在しているわけです。

間違い探し
           

この意見は、あくまでも私個人由来のものであり、世間的通念、正義、正解であると主張する気は微塵もありません。異なる意見も世の中に存在し、それらを否定する気もさらさらありません。世の中にはたくさんの物の見方、視座、があり、それらを学ぶために本を読んだり映画を見たりしている自分がいるのは確かです。人間は結局それらによって構成されるモザイクのような物であり、そのモザイクを構成する要素を集めることに対して能動的でありたいと思います。この様なかなりの自己陶酔、自己満足的な文章を書くことに対する恥じらいも生憎お留守です。二日酔いの状態で書いたこの文章を後に読んで、なんだか恥ずかしくなる自分がいるだろうことは容易に想像できます。この日一番の思い出は、ローカルな路地のお店で、現地のおじさんたちと乾杯したことでした。







【2018夏渡航日記】10日目(ジャル)

渡航10日目、この日はフエの小学校でワークショップを行いました。朝早くダナンを出発。気づいたら小学校に到着していました。

バルーンアート

犬や剣を作るバルーンアート。風船を膨らますこと、さらに捻ってそれぞれ思い思いの形にするのに一苦労。けれどもその分、出来上がった時の喜びは大きいもの。情操教育的な課題も見つかりました。

スクラッチペインティング

黒くコーティングされた紙を削って、レインボーカラーの絵を描く、スクラッチペインティング。自分の思い通りのモノを描くこと。自分オリジナルのモノを作り出すこと。それらを一度に実感できる、素敵で綺麗なワークショップでした。

ブーメラン

牛乳パックで作るブーメラン。作るのに意外とみんな、一苦労。パズルを完成させる様に、見様見真似でそれぞれが作ったブーメランをみんな楽しそうに投げていました。その後に遊んだ空気砲も大盛り上がり。おばけの的を倒すことに、みんな夢中でした。


小学校で遊んだ後は、ランコーの海沿いで乾杯!ご飯もお酒もすすみます。海は本当に綺麗。まったりと過ごしながら、ちょっとご褒美、リゾート気分を味わいました。





2018/09/20

【2018夏渡航日記】9日目(かまちゃん)

今回2回目のSaopopoのリーダーをしてます、かまちゃんです。

ホイアンにて

この日は明日、フエの小学校thường tiểu học thi tràn 1 で行うワークショップの準備日でした!
小学校では、バルーンアートやスクラッチペインティング、牛乳パックで作るブーメラン、ペットボトルの空気砲をやります(*´ω`*)
14クラスあるので、人数分用意することや、遊びを説明をするときに見せるお手本の紙に、ベトナム語を書き入れたりすることなど、工夫をして行きました!


この日は準備で終わってしまったので、もう書くことがないので、少々小話をしたいと思います、
Saopopoメンバーを見てると本当に、このような準備の時間を楽しそうに行っている印象受けます。(準備している写真あんまり撮ってなくてすみません笑💦)


やはりモノをつくるのが好きな人もいたり、ただ単に遊ぶのが好きで、工夫をしたら喜んでくれるかな?と考えるのが好きだったり、。

ワークショップのために、お化けの絵をメンバーに書かせても、やはりそれぞれ違う絵が出来て、
人それぞれ違う、人それぞれ個性があってとっても良いということを再確認します。

このことを再確認して、実際の現実世界に当てはめて考えてみることは本当に大事だと思います。なんだかわたし達はみんな一緒にするのが良い、人と一緒の方が良いみたいな感じで、他の人と意見違う人はそのような輪の中に外されてしまうような。。

だから、子どもたちと関わる時に、さまざまな絵を描いてても、「すごいね!いいね!」と褒めるようにしています。
私たちにも、褒め合うは言い過ぎにしろ、認め合うは大事なのかなと思いました。

以上、やはりベトナム料理美味しすぎて、ベトナムに住むのが性に合ってるじゃないかと思うかまちゃんでした!

(ベトナム民族衣装アオザイです)